このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 婚活のストレスの5つの原因と解消する7つの対策

婚活のストレスの5つの原因と解消する7つの対策

10view

2018.02.11

婚活は楽しい?楽しみながら幸せを築くイメージをもっているかもしれません。
でも、その実態は辛く長いストレスの道です。

あらかじめそれを知っていれば、少なくとも辛さはかなり軽減できます。
淡い期待を抱いているとストレスが強くなってしまいます。

でも、実際にはほぼ全員が淡い期待を抱いています。
だから婚活にストレスを感じる人の割合は100%です。
今まで誰一人として、ストレスを感じることなく婚活を終えられた人と会ったことがありません。

婚活でストレスを感じるタイミングは1か月目

 

婚活を始めて1か月目にストレスを感じる人の割合は、なんと50%にも及びます。

え!そんなに早いの!?

そう思うかもしれませんが、

1か月目に婚活のストレスを感じる理由は、『婚活が簡単に進む』と期待していたからです。

なぜか婚活を始めた人は、1か月ぐらいでデートできて、2か月目にいい感じになって、3か月目で交際できると考えがちですが、そんなにうまくいくならだれも苦労しません。

では、実際にどんなストレスがあるのか、その5つの原因を説明しましょう。

婚活にストレスを感じる原因は?

1、デートをしても交際にいたらない

婚活の流れはシンプルです。

紹介(出会い)⇒デート⇒交際⇒求婚⇒結婚です。

この中で、紹介(出会い)からデートに進めないこともストレスですが、まだ写真で会った程度の人とデートにいたらなくてもあまり大きなストレスにはなりません。

ただ、実際に2人きりで会うデートをした後に、せっかく良い雰囲気だったのになぜか交際にまでいたらない場合に、とても大きなストレスを感じます。

『なにがダメだったの?』

相手に対して『何がダメなのか教えてください』と言えたら少しでも気が楽になりそうですが、実際にそんなことはほとんど聞けません。

結婚相談所でもダメだった理由を教えてくれるところと教えてくれないところがあります。

その中でも、パートナーエージェントとゼクシィ縁結びカウンターだけはちゃんとフィードバックをくれるので自分を改善して前へ進みたいならおススメです。

2、いつもダメ出しされて自信を失う

相手に悪気はなくても、口のいい人ばかりではありません。

素直に口に出してしまう人はいます。

『眉毛ずれてるよ』
『ファッションが子供っぽいね』
『ちょっと太いよね』

そんなことふつうに言われます。
だいたい言われることは同じです。

最初は、気にしなくても何度も何度も同じダメ出しを繰り返されると、自信を失います。

婚活はいろんな人と出会います。
相手にとってはたった1回の発言だったとしても、あなたにとっては繰り返し聞くことになるので、そのストレスはとても大きくなります。

婚活を続けるとはそのダメ出しとのストレスの戦いでもあります。

3、恋していない人とのコミュニケーションに疲れる

婚活は必ずしも恋している人とデートするわけではありません。

『好きじゃないけど、とにかく会う数を増やさなきゃいけない。』

そんな気持ちでたくさんの相手と会います。
最初の1か月間は今までやったことのない経験に少し楽しみながら会えま

でも、仕事が忙しい時、体調が悪い時、家庭の事情が複雑な時に恋していない人と会うのは想像以上にストレスです。

『なんでこんな時に会わなきゃいけないの?』

そう考え出すと婚活が『義務』になり、強烈なストレスになります。

4、年齢的な制限が近づいている

30歳を過ぎてからの婚活は時間との戦いです。

20代なら余裕をもって、ゆっくり婚活すればいいと思えますが、30歳を過ぎると1年がとても貴重です。

特に34歳を過ぎるとハッキリと危機レベルが変わります。
そして、自分もそれを実感します。

だから皆なんとかして30代の前半までに結婚相手を見つけないといけないと気づきます。

それがより一層、ストレスを高めます。

早く結婚相手を見つけないと自分の婚活市場での価値が下がる。
それは分かっているけど、理想の相手と交際できないから仕方がない。

そうなるとストレスは高まるばかりです。

5、周囲からの好奇の目とプレッシャー

周囲の人にとって婚活している人は、昼ドラを見ている気分です。

交際まで行けたのかどうか、ダメだったらなんでなのか。

放っておいてほしいのに、気遣いの無い他人の視線と質問は容赦ありません。

特に女性の多い職場だと、その傾向はさらにひどくなり会社に行くのも嫌になります。

職場だけでなく、家族からのプレッシャーも大変です。
親としては早く孫の顔を見たいという思いなんでしょうが、当の本人は苦痛です。

親は放っておくこともできず、口ばかり出すので婚活がどんどんストレスになります。

婚活のストレスを解消する7つの方法

そんな婚活のストレスを解消する実践的な方法を紹介します。

1、婚活は1勝99敗で成功

婚活は1勝99敗で成功ということを知りましょう。
どんなに美人でもどんなに美男でも、結婚相手は1人だけです。

たった1人の相手と出会えればそれで婚活は終了なんです。

だから、誰にどれだけダメ出しされようが、

『この人は結婚する1人ではなかった』

と考えて機械的に次の人を探していく行動力を持ちましょう。

ついモテる人を見ると、うらやましいと思ったりするかもしれませんが、モテる人ほど婚活が長引きがちな傾向があります。

モテる人は、いつまでもモテると勘違いして婚活に手を抜くので長引いてしまい、たくさんアピールする人の中から1人選ぶにしてももしその人以外に良い人がいたらどうしようと考えて、理想の人を待っている間に年を取ってしまいます。

2、相手からのダメ出しは次の人へのアドバイス

相手からのダメ出しは、凹みますよね。

でも次のように考える人が成功します。

『この人は私の結婚相手じゃない。
 本当の結婚相手と出会った時にダメ出しされないために指摘してくれているんだ』

と考えましょう。

神様が、その人に乗り移ってあなたにアドバイスをしてくれている。
だから、あなたが気づくまでずっとアドバイスがつづく。

そう考えると、早く改善して理想の人を失望させないように頑張ろうと思えますよね。

3、恋していない人とのデートは恋愛の練習

本気で恋した人にフラれるとショックですよね。
だから、恋していない人とのデートは練習として最適なんです。

相手にとっては失礼かもしれませんが、あなたにとっては恋の練習です。

だから、恋していない相手を練習台として

『どうやって楽しませよう』
『どうやって気持ちよく過ごしてもらおう』

そう考えてデートできればあなたは、いざ本当に恋した人と出会った時に自然と相手に楽しんでもらえるコミュニケーション力が身に付きます。

4、できるだけ大勢の相手と会っておく

焦る理由は、

『この人しかいないかも』

という視野が狭くなっていることが原因です。

時間的、年齢的に焦るときは、できるだけ大勢のデートをできる相手を見つけておくことがとても大きな心の余裕につながります。

だから、先ほどの解決策にもつながるんですが、恋していなくても何度か会っているうちにその人の好さが分かれば儲けものです。

大勢の人と会う、そして大勢の人とつながっておく。

それが焦りを解消するコツです。

5、周囲には適当なウソをつく

好奇の目で見て、質問してくる人たちに疲れるのは、あなたの婚活を聞かれるからです。

だから、ウソを付けばいいんです。

いちいち相手に本当のことを話して自分が傷つく必要はありません。
架空の人物を作って、その人が婚活している様子を勝手にでっち上げて相手に話してあげましょう。

相手はあなたの架空の人物について質問したり冷やかしたりするかもしれませんが、あなたではありませんでの、あなたが傷つくことはありません。

むしろドンドン面白くなってきます。

6、婚活は3か月続けたら2週間休憩

婚活は定期的に休息を入れましょう。

貴重な期間であることは分かりますが、あえて休息の週を作ることでその他の期間に集中して婚活ができるようになります。

理想は3か月の婚活+2週間休息です。

1か月の休息は長いので2週間です。
その休息の間は婚活のことは一切忘れて、自分の時間を楽しみましょう。

7、婚活の方法を変える

婚活の方法は大きく3つあります。

婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所です。

人によって合うもの合わないものがあります。

婚活サイトは一番セルフサービスで、自分で相手を選んで、自分で改善していけるアクティブな人向けです。

2人3脚でサポートされながら第三者のプロのアドバイスが欲しい人は結婚相談所です。

婚活パーティーは実際に会って話したい人向けです。

どれか1つをずっと続けるよりも、3か月続けてうまくいかないなら別の婚活に切り替えるか併用するかしましょう。

婚活サイトはせいぜい月3,000円程度ですから結婚相談所との併用も全然できます。

まとめ:婚活のストレスは絶対に起こり得ることを前提にする

繰り返しになりますが、ストレスのない婚活はありません。
みんな大なり小なりストレスを感じています。

ストレスを感じたらぜひこの記事を読み直して頑張ってみてください。

あきらめたらそこでゲームオーバーですよ。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る