このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 40代男性が結婚相談所で婚活を成功させるための7つの心得

40代男性が結婚相談所で婚活を成功させるための7つの心得

163view

2018.02.05

40代の男性は結婚できるかどうかの瀬戸際に来ています。

40代の前半を過ぎて40代後半、50代になると結婚できる確率はほぼゼロに近くなります。

結婚したいという結婚願望があるならこの40代前半に絶対に決める覚悟で婚活に取り組んでください。

ただ、結婚までの道は平坦ではありません。

山あり谷ありの苦難のイバラの道になります。
そのことを最初に知っておくことは40代の婚活を成功するための絶対の要素です。

今回は40代の男性が結婚相談所で婚活を成功させるためにまず知っておくべき7つの心得をお伝えします。

40代で婚活している男性は5つの偏見を持たれていることを知る!

40代で婚活している男性に対しては5つの偏見を持たれていることを念頭に置いておきましょう。

  • 自分の時間と価値観を最優先にしている
  • 車や時計などの高級品に興味がある
  • マザコンで自分で意思決定ができない
  • 家柄とか血筋とかにこだわる
  • オタクかロリコンで同年代の女性に興味がない

婚活を真面目にがんばっている40代の男性からすると、『なんで!?』と思うかもしれませんが、世間的には

『まともな男なら30代半ばまでに結婚できてるだろ?』

という思い込みがあります。

多様な生き方とか、結婚しない自由な生き方とか言われてますが、実態はこんなもんです。

よく男は40才を過ぎてからが勝負!

とか言われることもありますが、大ウソです。

40才を過ぎたら20代、30代の若い男性に比べて圧倒的に不利なだけでなく、偏見も持たれてしまいます。
だから、40才を過ぎてから婚活することになったら、まずは女性が持っている偏見のフィルターを外してもらうための努力と工夫が先だということを知っておきましょう。

結婚相談所では600万円以上の年収がある40代男性はめっちゃ有利!

参考:平均年収ランキング2017 

40代男性の年収分布

300万円未満 10.1%
300-400万円 18.0%
400-500万円 20.2%
500-600万円 16.4%

なんと40代でも年収が600万円に到達していない人の割合は64.7%と全体の約3分の2になります。

40代の男性で結婚願望があったのにできなかった人は、低い年収が原因です。
結婚相談所によって男性の入会できる年収要件は違いますが、だいたいは最低年収が300万円以上あれば結婚相談所に入会できます。

そのためギリギリの年収で入会している男性がたくさんいます。

「年収300万円」が結婚の境目

でも2011年、内閣府が発表した調査によると、「年収300万円」が結婚の境目になります。

実際に、男性の既婚率は、20代、30代では年収300万円未満の既婚率は8~9%で最も低いが、300万円以上だと既婚率は約25~40%弱に跳ね上がります。
さらに男女ともに年収が上がれば上がるほど、既婚率も上がります。

参考:年収300万で結婚できる男、捨てられる男

だから、世間一般的には年収600万円以上というと、『平均以上』という位置づけですが、結婚相談所の中で年収600万円以上だと、かなり『上位』の年収になりますから、自信を持つべきなんです。

40代の男性で婚活に失敗している人はファッションがダサい!

40代の婚活している人のファッションを見ると、年齢相応のファッションをしすぎてオッサン臭くなっている。

もしくは、自分の年齢を考えすぎず、若すぎるファッションのいずれかです。

40代男性の婚活は、まずはファッションが第一関門

ファッションが第一関門にな理由は女性特有の視点が原因です。

男性は、女性を見る時に、顔を見て可愛いか、スタイルを見て色っぽいかを判断するだけです。

でも女性は違います。

ファッションを見て、男性の性格とクセ、好みとこだわりなどの要素を細かく分析しようとします。

女性は、男性よりも力が弱いから、男性が信頼できる人かを見て判断しようとする傾向があります。

それは原始的な本能だと思ってください。
だから、女性の多い職場で男性が働くとネクタイの色を週に何回変えたかまで覚えられています。

そのぐらいシビアにファッションをチェックしてきます。

それが婚活になったらなおさらです。
結婚する相手にふさわしいかどうかの第一関門にファッションをじっくり見られます。

特に40代の男性は最初に書いたように、偏見を持たれています。
その偏見は基本的に『正しい』という認識で女性はチェックし始めます。

だから、ファッションで間違うと、『やっぱり』と思われて2回目のデートはありません。

たかがファッション、されどファッション

寒さよりも暑さよりも快適さよりも着心地よりも、女性が見てスタイリッシュかどうかを考えて服を選んでください。

もし、分からない場合には、相談できる相手として結婚相談所を頼りましょう。
たくさんの女性と男性を引き合わせてきた彼らなら誰よりも的確なアドバイスをもらえます。

年下を狙いたい40代の男性は優しさと包容力が命!

40代男性はモテる男性とモテない男性の境目がクッキリしています。

40代でモテる男性

40代でモテる男性は、『優しさと包容力がある人』です。

逆に40代でモテない、女性に相手にされない男性は、『ただのオッサン』です。

20、30代の女性が40代の男性に期待していることは、『わがままを受け入れてくれる優したと包容力』です。

オジサン好きの20代、30代の女性は想像以上にたくさんいます。

女性はオッサンとは交際したくない

でも、彼女たちは『オッサン』と交際したいわけではありません。
『優しい紳士』と交際して癒やされたいと考えているんです。

この点を履き違えて考えて、40代がモテると思いこんでいる悲しい男性が多くいます。
もし、年下の女性と交際したいなら、優しさと包容力を持ちましょう。

それが無理なら、同年代の40代の女性を選びましょう。
同年代の女性は、男性にさほど期待していません。
対等のパートナーで良いと考えています。

でも、それが楽かというとそうでもありません。
対等を求められるので、逆に厳しい目線で見られることも知っておきましょう。

40代の男性は未婚よりもバツイチの方が好かれる傾向がある!

40代の男性はバツイチの方が好かれるのか、未婚の方が好かれるのか?

総論から言えばバツイチのほうが好かれる傾向があります。
でもそれは、誰にでも当てはまることではありません。

ざっくり言えば、

20代の女性を狙うなら未婚の方が有利
30代の女性を狙うならバツイチの方が有利

です。

30代になってくると、結婚についての情報をしっかり持っているので40代で未婚だと

『一度も結婚できていない欠陥品の男』

とみなされる傾向があります。

逆に20代の女性はまだ結婚に夢を見ている傾向があります。

だから、

『バツイチの40代なんてイヤ!』

とハッキリ言う子が多くなります。

でも、これは女性によってバラバラです。

必ずしも未婚が良い、バツイチが良いなどはありません。

だから、今の自分をありのまま受け入れて婚活を進めるしかありません。

結婚相談所は40代男性の婚活のベストパートナー!

客という意識を捨てる

結婚相談所に入会した男性でとても間違った考えを持っている人がたまにいます。

『金を払ってんだから俺は客だ!』という発想は捨てましょう。

結婚相談所で理想の相手と出会って結婚できるかどうかのカギは全て結婚相談所の担当コンサルタントが握っています。

そんな担当コンサルタントを敵に回しても何のメリットにもなりません。

もちろん、偉そうに横柄に振る舞っても担当コンサルタントはお金を支払ってくれるあなたに対してお客様扱いはしてくれるでしょう。

でも、内心は、

『こんな横柄なやつは規定の範囲内のサービスだけ提供しておこう』

と、サービスレベルが低いままになります。
結果的に損をするのはあなたです。

結婚相談所の担当コンサルタントはとは戦友

結婚相談所の担当コンサルタントはとは戦友だと思って尊重しましょう。

ただし、卑屈になる必要はありません。

あくまで対等のパートナーと考えることです。
だから、意見があればハッキリと言いましょう。
その時の物言いは丁寧に紳士的に伝えましょう。

担当コンサルタントとあなたが互いに腹を割って話し合える関係が対等のパートナーであり、婚活戦争を勝ち抜くための戦友です。

40代男性は婚活アプリや婚活サイトよりも結婚相談所がベスト!

恋愛初心者は結婚相談所を活用する

40代男性で婚活アプリや婚活サイトを使っている人がいますが、基本的には結婚相談所をおすすめします。

婚活アプリや婚活サイトは、いわばセルフサービスの婚活ツールです。

女性との接し方を知っていて、ファッションなども自分で考えられる男性は婚活アプリや婚活サイトを使いましょう。

でも、仕事続きで女性との接し方が分からない。
女性に対して免疫がない。
女性と交際したことがない。

そういう男性は絶対に結婚相談所にしましょう。

結婚相談所はコスパが良い

確かにコスト面では、若干高くなりますが、40代の男性なら結果的に1番コスパの良い婚活サービスが結婚相談所です。

その理由は、客観的に自分の改善点を指摘し、的確なアドバイスをしてくれるからです。

家族や友人に聞けば良いと考えているかもしれませんが、家族や友人はあなたのことをよく知っていても女性がどのようなファッションを好み、どのような会話を好むかについては詳しくありません。

主観的に思い込みでアドバイスをしてきます。
その結果、

『山田さんはセーターにしろといったけど、親はジャケットが良い言い、佐藤さんはスーツにしろと言う』

みたいに混乱してしまいます。

アドバイスをしてくれる人は客観的で的確な助言ができる人、そして情報を一元化するために1人に絞る。

そのために担当コンサルタントになんでも聞ける結婚相談所は最高の婚活パートナーです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る