確率に惑わされない!40代が結婚するために必要なこと!

40代の既婚者の割合

40代の約7割の人が既婚者

40代になると結婚するのが難しいとされていますが、実際にある程度の人は40代になる前に結婚を経験しています。ある調査では40代前半での婚姻率は男女共に約70%となり、40代後半になると男性が約74%、女性が71%となっています。

40代になった時点での既婚者の割合は、男女ともに7割近い人が結婚していることになります。この数字を鵜呑みにすると、3割近い人が未婚となってしまいますが、実際は離婚や死別をして独身になった人も含まれています。

40代は人生の半ばに差しかかかった年齢でもあるので、いろいろな経験もしています。40代になると3割近い人が何らかの事情で独身となっていますが、結婚したい気持ちがあればチャンスは転がっているとも考えられます。

未婚3割の内訳

40代既婚者の割合が7割となっていますが、残りの3割は何らかの事情によって未婚となっています。中には離婚を経験した人、シングルマザーで頑張っている人、未婚を貫いている人など様々です。

一度結婚したことのある人を除けば、1割程度が未婚と予想されます。結婚できなかった理由は様々ですが、40代で結婚するには相当な努力をすることも必要です。データを鵜呑みにする必要はありませんが、40代になるとかなり厳しい数字となるので、データを覆すだけの努力と強い意志が必要となります。

未婚の人が5年以内に結婚する確率

未婚男性

各年代で未婚の男性は多いですが、未婚から5年以内に結婚する確率を知るデータもあります。データはあくまでも参考ですが、結婚相談所を利用したり婚活している人が対象となっているため、すべての年代に対応しているわけではありません。

30代男性が5年以内に結婚する確率は約29%、35歳は約12%、40歳は約3.3%、45歳は約1.7%となっています。年齢が高くなるほど既婚者は増えるので、結婚できる確率も下がるのは当然です。

しかし30代と40代を比べてみると、一気に結婚できる確率が下がってしまうことが分かります。若くて魅力的な男性はモテるイメージですが、モテることと結婚することはまた別の話です。特に未婚の男性の場合には結婚できる確率が大幅に下がるので、やはり相当な努力が必要不可欠となります。

未婚女性

40代女性が5年以内に結婚する確率は30歳が約53%、35歳は約12%、40歳は約1.2%、45歳は約1.7%となります。女性は30歳までに結婚したいという人も多いですが、2人に1人が30歳までに結婚していることが分かります。

30代前半と後半では結婚確率も大きく下がりますし、40代になると100人に1人しか結婚できないことになります。婚活をしたり結婚相談所を利用している人の確率ですが、40代になるとやはり結婚するのが厳しくなるのは現実のようです。

数値だけを見れば結婚できないと諦めてしまいますが、実際には40代でも結婚している人はたくさんいます。ただ身近にいる人の多くは結婚していることが多いので、40歳になってから結婚した人が身近に少ないだけなのかもしれません。結婚できる確率が1%だとしても、条件さえ合えば結婚できるという希望を持つことができるのではないでしょうか。

40代での未婚の人の割合

昔に比べて未婚率が高くなった

40歳になっても未婚の人は、このまま一生独身かもしれないという気持ちを抱くかもしれません。年々未婚率も高くなっていますが、40代での未婚率として男性は約20%、女性は約10%となります。

一昔前は出会いのチャンスも少なかったので、女性はお嫁さんになるのが夢という時代もありました。しかし女性も社会に進出するようになり男性に頼らなくても生活できる時代となったことで、より未婚率が増えているのです。若くして結婚しないとどんどん結婚できる確率も低くなるので、未婚率はさらに増加していくでしょう。

晩婚化や少子化問題も大きい

40代で未婚の人が増えたことの背景には、晩婚化や少子化問題があります。20代の女性は仕事も頑張らなければならないので、結婚よりも仕事を優先する人が多いです。

男性も給料が安くなっているので、若くして結婚しても生活が苦しいと思ってしまうでしょう。ある程度給料が上がって貯金ができるようになったら、結婚願望を抱くようになります。

働き方などいろいろな問題が複雑に絡み合っていますが、結局は男女共に晩婚化が進むことによって、結婚できない人も増えてしまうのです。出会うチャンスは昔に比べて格段に多くなっていても、晩婚化が進むことによって若い人の結婚願望が低いことも大きな要因のひとつかもしれません。

40代が結婚するためにするべきこと

出会いには条件を求めない

40代では結婚するのが難しいとされていて、データでもはっきりと出ています。しかし40代でも条件が合う人がいれば、結婚することができるのもまた事実です。

40代の独身女性が出会いを求めるには、条件を求めないことを意識しましょう。結婚相談所を利用するときには、自分の理想の相手を選ぶことができます。40代なので控えめな条件を出して男性を探そうとしても、そもそも条件を出すことで出会いのチャンスを失ってしまいます。

自分の理想は捨てて、まずは出会うことを意識しないと、結婚相手を見つけることは難しいでしょう。既婚者のすべてが理想の相手と結婚しているかといえば違いますし、理想の相手でない人と結婚しても幸せな人はたくさんいます。

自分の固定観念で相手を選ばずに、すべてを受け入れてから判断することが大切です。婚活などで相手のタイプや条件をつけてしまうと、それだけで出会いのチャンスを逃してしまうので注意しましょう。

貯金をする

結婚するには、現実的なことを考えて貯金をしましょう。男性に経済力を求めていても、40代の独身女性ではかなり厳しいといえます。ある程度真面目でしっかりしている男性であれば、年収が低くても共働きで生活することはできるでしょう。

男性がたくさん稼げる時代ではないので、将来のことを見据えて貯金をすることは必要です。特に40代で結婚すれば介護問題に直面したり、老後の資金をどうするか話し合うことも多いでしょう。40代なら付き合ったあとはすぐに結婚することも多いので、結婚生活のためにも貯金の準備をしておくことは必要です。

若々しさを保つ

40代になるといくら頑張っても年齢には勝てない部分も出てきますが、努力次第では十分カバーできます。健康的な若々しさがなければ、男性には結婚相手として見てもらえないでしょう。

女性が綺麗さを求めるときに化粧やファッションを頑張ったりしますが、男性は化粧姿よりもすっぴんが綺麗な女性を好む人が多いです。

健康的な若々しさを保つには、日頃から運動をしてバランスの良い食生活を摂ることが大切です。そうすれば男性も一緒になったときのことを想像したときに、自分の健康のことも心配してもらえると思うでしょう。40代になると体の健康も心配になってくるので、健康的な綺麗さを手に入れる努力をしましょう。

身の回りの問題を解決しておく

40代になると身の回りの問題も起こってきますが、特に老後に住む場所をある程度決めていたり、介護問題を両親としっかりと話し合っておくことは大切です。

結婚することはできても介護問題のストレスによって、上手くいかなくなってしまうこともあります。特に住んでいる場所が都心なのに対し、両親が地方にいる場合には、介護の問題はしっかりと話し合っておかなければなりません。結婚相手を探すことも大切ですが、身の回りの問題もしっかり解決しておくことも大切です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

本気で結婚したいなら結婚相談所!おススメする4つの理由とは

結婚相談所別の交際中における婚前交渉(セックス)のルール

結婚相談所ってどんなとこ?どんなサービスを受けられるの?

結婚相談所の悪い口コミや悪評は本当?

これが現実!40代の結婚事情と結婚相談所の活用法!

結婚相談所に入会した後の流れと成婚の定義について