このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 確率なんか気にしない!40代女性が結婚するために必要なポイント!

確率なんか気にしない!40代女性が結婚するために必要なポイント!

32view

2018.01.23

40代独身女性の婚姻率と結婚観

婚姻率と結婚できる確率

40代になると女性の婚姻率は約70%となっています。逆に考えると約30%の人が未婚となるので、40代女性の3人に1人が独身になります。数値を見るとかなり多いように見えますが、40代の独身女性が結婚しようとしても厳しい現実が待っています。

ある調査では、40代の女性が5年以内に結婚できる可能性は約1%台というデータがあります。つまり40代になると100人に1人しか結婚できないことになるので、これも非常に厳しい数値といえるでしょう。

40代になるまでにはいろいろな経験をしているので、結婚は必要ないという人もいるでしょう。結婚に対しての考え方は人それぞれですが、40代になってから結婚を考えると、現実的には難しいといえるのではないでしょうか。

結婚観

40代の独身女性の結婚観としては、早く結婚したいという焦りがあるはずです。しかし良い人がいなければ独身のままでも仕方ないと、どこか自分の中で諦めている部分もあります。

結婚相談所に登録したり婚活を頑張ったりと自分なりに努力をすることで、40代での結婚の難しさは自分の身で体感することになるでしょう。そのため無理に結婚できなくても、一人で生きていくための準備をしようと決意する人もいます。

もちろん良い人が見つかれば結婚も考えますが、どちらに転んでもいいように準備をしようと考えます。今まで結婚するチャンスがあってもできなかったので、40代になってから結婚を焦ってしようとは思わない人もいます。自分のライフスタイルを崩されたくないという気持ちもあるので、良い出会いがあったときに、改めて結婚を考えようと開き直る人も多くなります。

40代女性が結婚できない理由

子供に対する考え方

40代になると、5年以内に結婚できる可能性が非常に低くなります。やはり子供に対する考え方によって、40代女性との結婚を避ける男性は多くなります。

結婚するなら子供は欲しいと考えますが、40代の女性だとリスクが高くなります。もしかしたら子供を授かることができない可能性もあるので、子供に対する考え方によって恋愛対象から外されてしまうのです。

子供が欲しい男性にとっては、20代を中心として結婚相手を選ぶようになります。女性にとって子供を産める年齢は限られているので、高齢出産ができるといっても40代ではリスクが高くなります。そのため40代の独身女性と結婚したいという男性は、子供はいらないという人が多くなります。

将来に対する考え方の違い

40代になると人生の半分を過ぎる年齢でもあるので、老後のことを考えるようになります。今のままの生活が続くとは思っていないですし、将来は自分がどうしたいか考えている人もいます。

老後に田舎暮らしをしたい人にとって、相手が40代であれば、同じ考えでなければ付き合うのは難しいでしょう。老後が迫ってきたときに意見の相違でトラブルにはなりたくないので、付き合うときにはっきりと将来について同じ考えか確認する必要があります。

20代同士であれば将来のことなど分かりませんが、40代となればある程度具体的な生活を想像できます。40代からまったく違う考え方の人と一緒になるのは、かなりのストレスとなるので結婚は難しいでしょう。

結婚相手を選ぶとなれば結婚観だけでなく、将来についても同じ考え方の人を選ばなければいけません。そのため相性の良い人と出会う確率も低くなってしまうのです。

身の回りの問題

人それぞれ自分以外のことで問題を抱えている人もいますが、40代になればいろいろと問題も起きてきます。特に親の介護問題に関しては、しっかりと認識しておくべきです。

40代になると親の介護をしなければいけない年代でもあるので、結婚相手の男性にとっても大きな問題となります。

介護疲れという問題もありますが、自分の親の介護であっても大変です。男性としても結婚していきなり介護問題が出てくれば、ストレスによって離婚を考えるかもしれません。

そのため両親と一緒に住むのか、近くに引っ越すのか、老人ホームに入れるのかなど、介護問題もしっかり考えておきましょう。身の回りの問題を踏まえて一緒になってくれる相手を探さなければいけないので、問題はしっかりと把握しておく必要があります。

40代独身女性が結婚するために必要なこと

ライフスタイルを変える

40代で結婚できる可能性が低くても、実際に結婚している人はいます。そのため自分が結婚したいのであれば、今までとは違ったライフスタイルに変えてみましょう。

婚活を頑張ることも大切ですし、新たに結婚相談所に登録するのも良いでしょう。独身生活はどうしても自分がやりたいことばかりやってしまうので、出会いを求めることが少なくなってしまいます。

今までと同じようなライフスタイルでは、同じような出会いしかありません。結婚相談所では多くの人と出会うことができるので、40代の独身女性が結婚するためにはとても役立ちます。

出会いの数を増やすには婚活を頑張るだけではなく、出会いの場所に積極的に出かけることもおすすめです。今まで行ったことのないような場所に行くだけでも、新たな出会いがあるかもしれません。自分のライフスタイルを変えて、新たな出会いのチャンスを増やしましょう。

見た目と中身の両方を磨く

相手を選ぶときに見た目ではなく中身を見る人は多いですが、結婚相手を選ぶときには、まさに中身を重視します。40代の独身女性が相手から選ばれるためには、中身だけでなく見た目も頑張る必要があります。

40代になるとこれからの老いには勝てないので、若々しくいるための努力は必要です。結婚相手を選ぶときに若々しく元気な人の方が、魅力的に感じるのは当然ではないでしょうか。

大人の女性として中身が素晴らしくても、男性は見た目もやはり気にしてしまうものです。綺麗でいるための努力をするのは当然なので、中身も磨いて両方で好感が持てるように努力する必要があります。

確率に惑わされないで結婚するための方法

外国人もターゲットにする

結婚できる確率はあくまでもデータですが、確率を覆すためには自分が努力をするだけです。結婚するには出会いを多くすることが大切です。たくさん出会った男性の中から、誰か一人が自分を選んでくれれば良いだけです。

数人出会っただけで選んでもらえる人もいれば、何百人と出会っても選ばれないこともあるでしょう。だからこそ確率を多くするために、日本人だけではなく外国人もターゲットにしましょう。

外国人と恋愛するメリットは、今までよりもチャンスが大きく広がることと、恋愛や結婚観が日本人とは違うことです。外国人は日本人とは違って、魅力を感じる部分が違うことも多いです。国によって女性に対する見方が変わるので、自分に自信がなくても外国人とは積極的に恋愛できる可能性もあります。

自分が妥協できる範囲を決めておく

結婚相手を選ぶときには人それぞれ条件がありますが、40代になると条件を付けるほど結婚できる確率も下がります。しかし結婚相手は誰でも良いというわけにはいかないので、自分が妥協できる範囲を決めておきましょう。

例えば老後は田舎に一緒に暮らしてくれる人、優しくて仕事を理解してくれる人など、自分がここだけは譲れないという部分を決めておきます。妥協できる部分が多いほど結婚できる可能性も高くなるので、結婚できる確率も上がるはずです。

妥協しても素晴らしい相手と出会うことはできますし、すべての人が理想通りの相手と結婚しているわけではありません。相手と真摯に向き合って良い部分を見ることによって、相手に対して好感を持てるようになり、結婚相手としても意識できるようになるはずです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る